元スレ:【大高忍】マギ ネタバレスレ 第25夜【サンデー】

613524
マンガ マギ ネタバレ 211話の海外版確定文字バレ(詳細)

924:名無し定食:2014/01/18(土) 22:58:44.22ID:5JfbHQ6Y0

211夜「ファナリスの故郷」

あおり「ムーがなぜ煌帝国領内に!?」
トト「ムー・アレキウスだ!レーム帝国のあれ程の重鎮が、なぜ煌帝国領内に!?まさか七海連合を裏切る気か…!?」
モル「ふう…。ムーさん。あなたは何らかの意図があってここに来たはずです。ここであなたとあった事は黙っていたほうがいいですか?」
ムー「モルジアナ。君は賢いね。そして優しい。座ってくれ。俺は練紅炎に会いに来た。
    シンドバッド王もおそらくそれを知っているだろう。だがそれでもいいんだ…」
モル「なぜですか?」
ムー「レーム帝国は今難しい立場なんだ。今やシェヘラザード様はお亡くなりになり、
    俺達は七海連合と煌帝国を嫌々比べている…。
    だが俺は煌にもシンドリアにも、俺の眼の前でレームの力を奪われるつもりはない」
モル「奪う!?レームとシンドバッドさんは同盟を結んだでしょう?」
ムー「同盟か。ふん。事はそんなに単純じゃない。
    レーム帝国もマグノシュタットも、七海連合と煌帝国にとって無視できない存在だ。
    だが脅威にはならない。ただの第三勢力に過ぎない。
    そんな状況で、俺達が完全に煌か七海連合に依存した時…。史上最大の世界戦争が勃発するだろう。俺はそう思う」
モル「そんな…!?」
ムー「俺は躊躇っているんだ…。そんな事が起こる前に君に伝えるのを。大峡谷の向こう側にあるものの真実を」
モル「大峡谷の向こう側にあるものの真実!?」
ムー「ああ。マグノシュタットで会った時に話しただろう?
    君は同胞を探しにカタルゴを旅し、ついに大峡谷でユナンに会ったと…。
    実は俺も、君と同じくらいの年頃の時に同じ事をしたんだ」
モル「ええ!?」
ムー「ただ違うのは、俺はユナンの制止を振り切って、谷のさらに奥深くまで行き、そこの光景を見たことだ」
モル「あ、あなたは谷のさらに奥深くの光景を見たんですか…!?
    なぜマグノシュタットでお会いした時に教えてくださらなかったんですか…!?」
ムー「俺はまだ話すべきかどうか迷っている…。しかし、君には知る権利がある…。会談の後で自分の未来を決断するために…」
モル「あなたが見たものを話してください!」

ムー「君もすでに知っているように、大峡谷の底は遥かに暗闇が続いている…。
    何日過ぎたかも分からず、食べ物は底をつき、足の裏の皮は剥けた…。
    死の国に向かっているのかと思った。だがその時は同胞を切望する気持ちが勝った。
    この世界から消えた俺達ファナリスが帰るべき場所が本当に存在するなら…。死んでも見つけなければならない」
モル「………!!」
ムー「ついに意識を失いかけると…。不思議な事が起った」
モル「不思議な事?」
ムー「死の淵にあるのに、体がとても軽くなったんだ。
    力が膨れ上がり、両足が走るのをやめようとしない。いや。四本の足が。
    そして皮膚が鋼のようになり、真紅に変わっている事に気付いた…。俺は奇妙な獣に変わっていたんだ」
モル「奇妙な獣…!?」
ムー「変な事を言ってるのは分かってるよ。だがあれは幻じゃなかった。
    大峡谷のあちら側でしか見たことのない奇妙な姿だが…。
    俺はこれが正常なんだと思った。これが俺の本来の姿なんだと。
    それまでのこの世界の俺はなんだったんだろう?まるで体中を鎖と枷で縛られていたようだ。
    だが今は違う!体中にマゴイが溢れてくる!」
    頭の中も空っぽになった時…。視界が開けた。そして俺は…。忘れられない世界を見た。
    奇妙で野蛮で、だがとても懐かしくで胸が痛む世界を…」
モル「な、何を…見たんですか!?」
ムー「ファナリスの故郷を」

※下に続く








927:名無し定食:2014/01/18(土) 23:01:12.93ID:5JfbHQ6Y0

ユナン「あーあ。だから見てしまったら帰れなくなるって言ったのに…。 
     君は残りの人生を谷のこちら側に留まる違和感から逃れられないだろう。 
     すでに本当の自分を知ってしまったのだから…。今は君を魔法で少しこちら側に戻しただけだよ。 
     あちら側に行きたいと本当に望むなら…。こちらの全てに別れを告げる覚悟をするんだね。 
     そうするには君はまだ若すぎるよ、ムー…」 

ムー「………。あの時何を見たのかは理解できていない。だが確かなのは…。彼らはこちらの人間ではなかったという事だ」 
モル「………………。でも…大丈夫です。 
    谷の向こう側に行かない限り何も変わりませんし、私はここで生きていけます。 
    皆さんと一緒に…。あなたはどうするんですか、ムーさん?」 
ムー「何もしないよ」 
モル「何もしない?」 
ムー「ああ。まだこちら側でやらなけらばならない事があるからね。 
    子供の時、彼女に会った。ベッドから動けず、骨と皮だけで出来た体で…。レーム帝国を守るためにもがいていた。 
    俺は彼女が始めて選んだ王、ペルナディウス・アレキウスの血を引いている。彼らの冒険話も聞いた」 

シェヘラ「また体を変えなければ…。この国にしがみつくためにこんな醜い事をしなければいけないなんて…。 
      みんな私にそんな事は望まないでしょうね…。ムー…。いつか、私が本当に死んだら…。…いいえ、なんでもないわ」 
ムー「俺が継ぎます。 
    あなたの願いとあなたの王とその仲間たち…。俺はこの国を誰にも渡しません。 
    それにあなたのされている事は全く醜くなんかありません! 
    人間でも動物でも、母親が必死に足掻いて子供を死から守るのは勇敢で美しい…。 
    あなたは俺達の偉大な英雄です!たとえ死しても…」 
シェヘラ「…そうね…。ありがとう、ムー・アレキウス」 

ムー「俺の主はすでに亡くなった。俺は彼女が残していった事を果たさなければならない。レーム帝国を絶対に守る」 
モル「大峡谷の向こう側にファナリスの故郷がある…。 
    あなたの仲間の何人が、この話を聞いて全てを捨てて谷の向こう側に向かったんですか?」 
ムー「一人もいないよ」 
モル「私も同じです。私にはこちら側に二人の素晴らしい英雄がいます」 
ムー「どちらにせよ…。君はそう言うと思っていたよ。だが、これは言っておこう、モルジアナ。 
    七海連合とシンドバッドに気をつけろ。俺達は同盟を結んだが…。 
    奴は他人とそんなに簡単に対等な関係を結ぶ奴じゃない…」 

ババ「紅玉…。練紅炎と話したんだ。シンドリアとの繋がりを絶って、練家の皇女と結婚しろって言われた。それから…」 
紅玉「へえ、そうなのか。ははは。分かったよ、アリババくん」 
ババ「…!?なんだ!?紅玉の雰囲気が変わった…!?」 
紅玉「俺は紅玉姫じゃないよ」 
シン「今聞いた事についてだが、そうするべきだよ、アリババくん。シンドリアにとって本当にいい事だ」 
ババ「まさか…そんな…シンドバッドさん…?」 
シン「やあ!元気だったかい?アリババくん!」 
あおり「シンドバッドが紅玉の中に!?次号衝撃の事実が!」 



932:名無し定食:2014/01/18(土) 23:09:36.84ID:dtt4AJZy0

>>927 
乙乙!! わかりやすい 



937:名無し定食:2014/01/18(土) 23:13:47.22ID:n+6SmIv60

>>927乙 
セリフ見ると更にホラー度増すなあ 

正直紅玉のゼパルバレはいつか来るだろうとは思ってたけど 
シンドバッド自らばらすとは思ってなかったw 



934:名無し定食:2014/01/18(土) 23:10:27.85ID:10B/3/VUO

訳乙です 
チートはアリババと紅玉の政略結婚賛成なんだな 
予想してたのに言わずにここで洗脳バラして話しかけたのはアリババを煌につかせてスパイ的な事させたいのかな? 



989:名無し定食:2014/01/18(土) 23:54:28.98ID:pQSBuI780

>>934 
俺もスパイ的な事考えたけど 
それなら 紅玉の方がよかったんじゃない 
いままで 本人の自覚していない所でスパイだったわけだし 
誰も紅玉がスパイとは思わないだろうし 

アリババには違う役目を思っていそう シンドバッド 



996:名無し定食:2014/01/19(日) 00:02:13.06ID:b8bOEWzr0

>>989 
やっぱアリババに求めているのは公邸国とのつなぎ役じゃないのか 
完全なチートの部下じゃ警戒されるからアリババ送って平和的にサミットやりたいだけだと信じる 



936:名無し定食:2014/01/18(土) 23:11:25.25ID:9/f8n03d0

ムーさんかっけぇんだけど、でもシェヘラ様は最後にレームだけでなく世界に目を向けようと 
してたんだよ…アラジンとティトスからいつかシェヘラ様の想いを聞いてほしいな 

チートはアリババ政略結婚推奨派なのか衝撃の事実気になるな 



963:名無し定食:2014/01/18(土) 23:33:23.58ID:pQSBuI780

>>936 
その結果 レームは煌にもシンバッドにもついたらいけないっていうのが答えなんじゃないか 
だからこそ ムーはなんとか 中立という立場とレームの独立を望んでいるんじゃない 



939:名無し定食:2014/01/18(土) 23:15:21.26ID:W5hmkGpU0

レームと言うかシェヘラのレームにしがみつきすぎな感じだな>ムー 
まあ自国最優先なのは間違ってはいないが 

チートさんはここまで堕ちたらもうラスボスないしラスボス手前の大敵に突き進むしかないな 
それできっと最後の最後に甘さを捨てきれずに負けて完全味方になるか散る王道展開と予想 



941:名無し定食:2014/01/18(土) 23:15:27.88ID:ZBiTbAsk0

選べる答えがYesかハイしかねぇw 
紅玉ちゃん厨の思い通りになるのか・・・ 
tkユナンの黒さが異常 



944:名無し定食:2014/01/18(土) 23:18:21.02ID:6HxR8tB50

ジュダルの嘘泣きにうろたえたりしてるあたりそこまで極端でもないとも思うけどラスボス格になるならかなり大事な間違った行動するんだろうなぁ 



955:名無し定食:2014/01/18(土) 23:27:34.54ID:W5hmkGpU0

>>944 
世界全体としてみれば正しいけど、アラババ達から見ると見逃せない取りこぼされる何かがある 
それも含めて救おうとするアラババモルと対立、とかもあるかもしれない 



946:名無し定食:2014/01/18(土) 23:21:07.39ID:b8bOEWzr0

待て待て待て待て 
シンドバッドが政略結婚推奨っていうのはイコール今は一時的に敵対していても 
七海連合と煌帝国が同盟結ぶときに役に立つからってこと 

みんなで世界連合組んでアルサーメン倒して連合で戦争禁止にすればあとはハッピーエンド 
何の問題もない 



953:名無し定食:2014/01/18(土) 23:26:47.35ID:ZBiTbAsk0

トップに立つには多少の黒さも必要なんだよってことをアリババに教えるターンなんじゃないの 

そこまで酷い行いだとは思わないけどな 
最後の完全に暗黒面の表情とオーラさえなければの話だけど 



 

※コメントじゃんじゃん書き込んで下さい!
(あまりに酷いものは削除させて頂きますのでご理解下さい)
 

コメント

コメント一覧

    • 1. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月19日 18:27 ID:8oeuPZCG0
    • 紅玉...複雑だわ〜シンドバットも好きだから

    • 2. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月19日 22:18 ID:ZcKpWJRa0
    • シンドバットおじさん…アカンでしょ…

    • 3. 名無し
    • 2014年01月19日 22:19 ID:ZcKpWJRa0
    • シンドバットおじさん…アカンでしょ…

    • 4. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月20日 15:09 ID:1xYWOyjS0
    • これで紅玉ちゃんの命はアリババくん次第だな

    • 5. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月20日 20:14 ID:HXzRkMdk0
    • シンドバッドェ・・・(ドン引き)

    • 6. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月22日 03:39 ID:LgWKWuaM0
    • シンドバッドがQBに思えてきた・・・

    • 7. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月23日 20:04 ID:MnzaHla.0
    • シンドリアと戦争になったらまあワクワクするけどな
      師弟対決もそれぞれ燃えるし

    • 8. 彷徨う名無し定食
    • 2014年01月29日 21:18 ID:vjxQzzaB0
    • 画像で見ると、最後のシーンの紅玉が完全に藤田和日郎キャラ

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

1001:名無し定食:2013/--/--(日) 00:11:22.33ID:987654321