元スレ:【大高忍】マギ ネタバレスレ 第27夜【サンデー】

613524
マンガ マギ ネタバレ 213話の海外版確定文字バレ(詳細)
 






213「会談」

あおり「シンドリアの守護神達が出迎えに!」
煌モブ「高名なシンドバッドの眷属の七人…。そのうちの五人に違いない!」
ジャ「お待ちください閣下」
ジャ「先だっての取り決め通り、会談の場にお進みになる前に金属器はここにお置きください。
   我々八人将が責任をもってお預かり致します」
紅明「つまり、あなたの主の金属器もすでにそこにあるというわけですか。
    金属器が主の元に無ければ、眷属器も使えない…」
ジャ「その通りです閣下」
煌モブ「じ、11個の金属器がここに。この兵器があれば簡単に世界を破壊できる」
シンモブ「しかし今は練紅炎もシンドバッド王も金属器を手にしておらず、ただの人間に過ぎない…ただの人間に」
煌モブ「何が起こってもおかしくないぞ…。予期せぬ事態に対する対抗策が準備できないのだから…」
ジャ「ああ、アリババくんもここに置いて行ってくださいね。アモンの剣を」
ババ「あっ、そうでした!」

シン「よし、では始めようか!」
モル(マスルールさんとシンドバッドさんだわ…)
オル「!?なんでシンドリア側に戻らせてくれないんだよ?」
ババ「条件を受け入れたのは俺だけだ!」
紅明「不合理な事を言うのはおやめなさい」
ババ「みんな…俺達はシンドリア側へ帰れない。俺が約束したからだ。
    ごめんな…。必ず全部話す。その時が来たら俺の話を聞いてくれるか?」
ブリ「どういう事ですか?城に行ってから私達と一緒に帰らなかったし、それどころか違う船に乗ってしまうし…。
   何があったんですか?教えてください!」
オル「アリババさん…。きっと練紅炎が不当な条件を押し付けたんだ。力づくでも俺達が助けないと!」
トト「いや。戦ってどうにかなる事なら、アリババがすでにやってる。
   何か大事な物がかかっているから、アリババは動けないんだ。だがトトにはそれが何なのか分からない…」
マス回想「眷属の本当の役割は、何があっても主の精神的な敵にならずにいられるかだと俺は思う」
モル「あの…アリババさん。きっと…シンドリアへの義務と引き換えに与えられた物は…あなたにとって大事な物ですよね?
    それを守るためなら死んでもいいくらいの…」
ババ「!」
オル「そうか!」
ブリ「くっ!」
ブロ「俺達はどうすればいいですか?」
ババ「大丈夫だ…。何があってもお前達を奴らの思い通りにはさせないからな。それから…ありがとな!」
シャル「モルジアナがアリババの側にいてくれてよかったな」
マス「そうっスね…」


青秀「ああ、面倒くせー。あいつらを見てくださいよ。眷属のほとんどが同化してない。
    俺達四人だけで簡単に全員殺せますよ」
炎彰「馬鹿…。青秀、お前は感じないのか?シンドバッド王の背後で待ち受ける者達の気を…」
青秀「え?ヤ、ヤンバラ!?マゴイ操作一族の!?
    この島は入る者を無力化するように考えられてる。金属器は持ち込めないし、魔導士は立ち入り禁止だ…。
    だから俺達を脅すために奴らを連れてきやがったのか!」
楽禁「ほほ~。だが我が主も頭脳戦では負けてないぞ~。」
忠雲「私の主が、です」
青秀「細かい事は気にすんなよー。校忠雲」
忠雲「痛いな、馬鹿!」

シャル「!」
マス「何…!?」
ババ「どういう事だ!?」
?「ファ、ファナリス兵団!」
アー「両者とも驚いていない…!」
オル「なぜだ…?初めから情報が漏れてたのか」
アー「会談前に水面下でどれだけの戦いを繰り広げてたんだ…!?」
シン「あれ?ムー殿。レーム帝国は七海連合に加盟しませんでしたか?」
ムー「その通りです。ですが俺は練紅炎殿と良き友人でして。会談前に個人的に会ったのです」
シン「そうでしたか。俺もあなたともっと親しくなりたいものだ。会談が終わったら酒を酌み交わすのはどうでしょう?」
ムー「いいですね!ですが俺は下戸なので…。あなたと酒を楽しめるかは分かりませんね」
ロゥ「団長が下戸だって?」
ミュ「浴びるほど飲むのだ」
ヤク「おー怖い」
紅炎「つまらん。本題に入れ」

ユナ「そうだね、シンドバッド!」
シン「あ!ユナン!」
ユナ「みんなお待たせ。じゃあ、今日の主役、二人の友人を紹介しよう!」
ババ「来た!」
アラ「本当にこんな派手に登場する必要があったのかなあ?」
ティ「監督の指示に従おう。それにこれはとても格好いいぞ…。ワクワクしてきた!」
ババシン炎「アラジン…!」
アラ「集まった王のみんな。みんなに伝えたい事があるんだ。誰も知らない事…。別世界…アルマトランについて」
あおり「ついに伝説が語られる…!」 

 

353:名無し定食:2014/02/01(土) 00:02:57.09ID:uFurYkzG0

シャル師匠はやっぱり似たような立場としてアリババの気持ちも分かるのかな 
この展開を予測してたような余裕の表情してますわ 



359:名無し定食:2014/02/01(土) 00:13:20.96ID:cx0U8w7p0

訳乙! 

チートさんはユナンが居ちゃうと色々裏でやってる事バレちゃうんじゃね? 
ゼパルの事もバレてたし 
下手げな発言されたらそれこそ全部の国から顰蹙買う恐れも有る訳だし 




365:名無し定食:2014/02/01(土) 00:20:18.11ID:V3s5nRRl0

マギ三人とも仲良しで何よりです 



368:名無し定食:2014/02/01(土) 00:22:22.09ID:C1y9ZLKA0

あの3人微笑ましいよな 
欲を言えば綺麗な女性のマギがほしい 



371:名無し定食:2014/02/01(土) 00:24:27.26ID:eYteb24m0

>>368 
ぎ、玉艶ちゃん外見は綺麗やないか…(震え声) 



378:名無し定食:2014/02/01(土) 00:30:34.46ID:jXkjSLAR0

個人的にはアリババへの反応が 
モルジアナ「信じます」>トトオル「脅されたのか」>他団員「シンドリアから離れるなんて馬鹿なの!?」 
なのがそれぞれのアリババへの信頼度合いがわかるようで面白いな 

シャルルカンの反応がなんかかっちょええ 
いい師匠もったな、アリババ 



381:名無し定食:2014/02/01(土) 00:36:31.25ID:cx0U8w7p0

八人将あたりはみんなゼパルの事とかババさんの事とか聞いてそうだよな 

しかしマギってユナン以外ガキんちょ二人… 
アラジンもこの世界に出てきて2~3年くらいだっけ? 
ティトスは自我芽生えて1年ちょいだしユナンおじさん…ていうより精神的にはおじいさん大変そう 



385:名無し定食:2014/02/01(土) 00:43:57.79ID:TGjvjxel0

来週再来週くらいから 
一旦 国のドス黒い部分とか政治戦略とかアリババの結婚なんちゃらとか離れて 
まったく違う感じになりそう 
国と国じゃなくて世界と金属器使いみたいな 依り代戦みたいな京濤してた感じみたいなな 



388:名無し定食:2014/02/01(土) 00:50:46.64ID:vkDdWGSi0

まだ問題が解決した訳ではないんだろうけど 
久しぶりにアリババの笑顔が見れたのがよかった 
ここんところずっとつらそうな沈んだ顔ばかりしてたからさ 



390:名無し定食:2014/02/01(土) 00:55:25.06ID:CqVy6k750

>>388 
そだな、やっぱアリババは一人でいるときより仲間と一緒のほうが安定するし 
魅力的だとおもったわ 

ところでさ、ファナリスやヤンバラの相手にはならないだろうけど 
煌帝国のモブ兵士なら瞬殺できそうな八人将が紅炎紅明の金属器もってるけど 
紅炎的にはそこんところOKなのかね 



392:名無し定食:2014/02/01(土) 01:14:59.12ID:CqVy6k750

ヤンバラはもうちょっと中立的な立場になると思ってたけど 
これかなりシンドバッドに肩入れしてるな 
一年ちょいの付き合いでここまで義理立てするもんかね 
アリババ団の上位互換がまたシンドバッド一味に一人… 



394:名無し定食:2014/02/01(土) 01:29:50.48ID:frNEgdFn0

主人を信じる曇りなき眼 
モルさんマジ正妻の風格やな 
SAOのアスナ思い出すわ 



398:名無し定食:2014/02/01(土) 01:32:36.97ID:sXEICAWy0

実際に結婚する事は漫画の都合上ないんだろうが 
結婚なんてする気は更々ないような顔だなアリババ
 

 

※コメントじゃんじゃん書き込んで下さい!
(あまりに酷いものは削除させて頂きますのでご理解下さい)
 

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

1001:名無し定食:2013/--/--(日) 00:11:22.33ID:987654321